ローソン

WRITTEN BY

ローソン

どもっ、ローソンです。
本日は配信の中でたびたび出てくる謎のスポット、ハッテン場についての解説。
ノンケや女性には馴染みがなくて当然な文化なので、間違いや誤解が起こりやすいワードかもしれません。
後半ではハッテン場未経験のゲイ向けの内容も書いてみたので、まだ行ったことがない人もぜひご覧ください。

ハッテン場

ゲイ同士が出会う秘密のスポット

ハッテン場は、日常生活ではなかなか出会うことのないゲイ同士が集まり、お互いにタイプの人がいたらその場でセックスをするスポットのことです。
いきなりストレートな表現になってしまいますが前提条件としてはこんな感じですね。
語源はあまりはっきりしていないのですが、性行為に発展するというところから来ているのではないかと思われます。

また、この初対面のゲイ同士がセックスすることをハッテン行為と呼びます。
ただし日常的に使われることは少なめで、こういったコラムだったり堅い場面で使われ、日常会話の中では、
「この間ガチムチのイケメンとハッテンしちゃった〜」
といった具合に使われます。

やや男女差別的な表現になってしまいますが、男性の方が恋愛感情を伴わないその場限りの相手とのセックスに抵抗がないと思われ、そのような発想の男同士で関係性が築かれるゲイ業界だからこそこういった文化が生まれたのではないでしょうか。
ちなみにレズビアン向けで同様のスポットは、僕は聞いたことがないです。

ハッテン場はどこにある?

ハッテン場として使われやすい場所は、ゲイ以外の人が集まりにくく、他の人に見られにくい構造になっていることが多いです。
銭湯やサウナ、公園、公衆トイレなどがよく挙げられ、終電の時間がすぎたあとなど人通りが少ないタイミングを狙っていきます。

公園などはゲイだけではなくノンケの間でも、
「あそこは野外セックスするカップルが多い」
みたいな話を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。
(といいつつ、そういえば最近はそういう話聞かないなぁなんて思ったり……)
また、今ではかなり数が減っているのですがピンク映画館もゲイのハッテン場としてよく使われています。

これらのスポットに共通して、現在は減少傾向にあるということが言えます。
ひとつは単純に迷惑行為なので、施設や自治体による対策が行われたこと。もうひとつはゲイの出会いの変化によるものと思われます。

具体的には公園が深夜になると施錠されるようになったり、銭湯などの公衆浴場では見回りや摘発を強化しています。
出会いについてはインターネットの発達が大きいでしょう。
SNSなどでその場限りの相手と出会うことが容易になり、ハッテン場のように不確実な相手ではなく事前に顔を知ることができるなどメリットも大きいです。
ゲイの間でもこれら公共のハッテン場は変態的な扱いになりつつあります。

有料ハッテン場

さて、ゲイ業界にはこれまでお話してきたハッテン場とは別ジャンルとして扱われている文化があります。
それが有料ハッテン場です。
ちなみにローソンが配信の中で話しているのはこちらのハッテン場です。

クルージングスペース

有料ハッテン場はクルージングスペースとも呼ばれ、ハッテン行為をするために作られた専用の施設です。
ハッテンを前提としているので設備がゲイ向けに作られており、かつ公共施設などと違って摘発されたりする心配もありません。
(過去に店自体が摘発された事例はあるのですが、ドラッグが蔓延している恐れがあったとのことなのでまた別問題かなと思います)

クルージングスペースという言葉は、ハッテンのことを英語圏ではクルージングと呼ぶらしくそこから来ているのだと思われます。
セックスをするための施設というとラブホテルがすぐに思いつきますが、有料ハッテン場ではセックスする相手をその場で探すことができるのが大きな違いです。

有料ハッテン場の種類

有料ハッテン場の中にもいくつかの形態があり、一番メジャーなのがヤリ部屋と呼ばれるものです。
店内に複数人で雑魚寝ができるスペース(ミックスルーム)があり、そこかしこでセックスが行われています。
個室や半個室になっているタイプも多く、そういったタイプの場合は通路や待合スペースで相手を見つけて個室に入っていきます。

ヤリ部屋と似たような施設としてハッテンサウナハッテン銭湯があります。
大きな浴場がついていて、あとはだいたい同じでミックスルームや個室があります。
個室が有料のところも多く、ヤリ部屋の個室だと狭いスペースにマットレスが敷いてある程度ですが、こちらのタイプだと安いビジネスホテルみたいになっていたりします。

その他にもビデオボックスネットカフェのようになっているタイプ、バーに併設されているタイプなどがあります。
これらの施設だと、ヤリ部屋やハッテンサウナよりも設備が少なかったりしますがこれも場所によりけりですね。

料金と入場制限

料金については、ハッテンサウナや銭湯はやや高めで、だいたい2,500円〜3,000円くらいでしょうか。
それ以外の施設は1,000円〜2,000円くらいが多いです。
この値段の安さもハッテン場が利用される理由のひとつで、ラブホテルより安く入れるのでカップルで行くという人もよく見かけます。

有料ハッテン場ではコンセプトという名目で入場制限が設けられている場合もあり、このお店では細くて若い人が中心、こちらでは筋肉のある人が中心といった具合に設定されています。
入場制限をすることで好みのタイプを集めやすくしており、またそれらの体型や年齢だと割引料金で入場できたりします。

おまけ : 本当に相手が見つかるの?

さて、ここからはおまけとして、ハッテン場が気になっているゲイに向けて相手を探すコツをお送りします。
有料ハッテン場に行ったことがないゲイの場合、実際に行って本当にそんな都合よく相手が見つかるのか疑問に思うかもしれません。
そもそもみんなセックスを目的として来ているのでかなり相手を探しやすいのですが、確率を上げるためにはいくつかのポイントを押さえると良いでしょう。

1.自分の需要にあった場所を探す

上でも述べているとおり有料ハッテン場では入場制限が設けられているところが多いです。
これを事前に調べて、自分の見た目や年齢、体型にあっている店舗かどうかをきちんと見極めることが大切です。
合っていない場所に行くと、入場時に料金を支払うタイミングで店員さんにハネられたり、入っても誰からも見向きもされなかったりします。
とはいえイケメンはどこでもヤれてブスはぼっちになるんでしょ? と思ったら大間違いで、どんなに世間的に美男子でも売れない場所では全然売れないし、顔がイマイチでも体型専のところでは大人気だったりします。

ちなみに制限が全く設けられていない店舗ももちろんあり、オールジャンルと呼ばれていたりします。
入場制限はないですが客層はある程度固まっていることが多いので、事前に調べておいたほうが無難です。

2.人の多い時間を狙う

有料ハッテン場は平日・土日問わず営業しており、24時間営業の店舗もよく見かけます。
そうなると人が集まりやすい時間も変わってくるので、少ないときに行ってしまうと自分以外はカップル成立して取り残されてしまうなんて事態も。
店舗によりますが週末のほうが比較的集まりがよく、特に新宿などゲイタウンある店舗だと金・土曜の夜は終電を逃して泊まりに来る人が多いので寝るスペースが見つからないこともあったりします。

3.アピールの仕方をマスターする

気になる相手がいたときにどんな風にセックスに誘ったら良いのか。こんなこと日常生活でなかなか考えたことがないですよね。
通路などで気になる相手がいたら、視線を合わせたり、すれ違いざまに軽いボディタッチをしてアピールします。
相手からのアピールにもすぐ気づけるように心の準備をしておくことも大切です。

どうしてもアピールができない! というときは、ミックスルームなどで寝ながら手を出されるのを待つ寝待ちという方法も。
ただし自発的ではないので好みの相手が来るとは限らないのが難しいところです。

4.イベントを活用!

有料ハッテン場の中では、曜日ごとにイベントが設定されているところもあります。
水曜日はドレスコードがケツ割れ、木曜日は覆面着用でといった感じです。
特定の体型や年齢が集まるイベントに合わせて行ってみたり、覆面デーのように顔を隠せる日を狙って体だけで勝負! なんていう手もアリです。

とまあこんな感じで、おまけとして書くにはかなり長くなってしまいました。
僕自身そんなにハッテン歴が長くないですしたいして売れないのですが、せっかく行くなら良い相手と対戦したいのがゲイ心理。
事前のリサーチで最高の相手とハッテンしちゃいましょう。