ローソン

WRITTEN BY

ローソン

どもっ、ローソンです。
少し固めのLGBT関連用語の紹介が続いており、もう少しラフにゲイ文化のワードに触れたいなと思ったところ、ちょうどSNS上で二ベロの話題を見かけました。
よく見かける言葉だし配信内でもたびたび触れている場所なのでサクッと解説していきましょう。

二丁目に一番近いベローチェ

二ベロとは、カフェ・ベローチェ 新宿一丁目北店の愛称です。
一丁目北という名称を使っていますが住所的には新宿二丁目の中にあり、二丁目の中でも特にゲイ向けに栄えたエリアである仲通りからもっとも近いベローチェです。
丁目のベローチェだから二ベロ、覚えやすいですね!

そもそもベローチェって?

カフェ・ベローチェは首都圏を中心としたコーヒーチェーンです。
他の地域にもありますが大都市にしかないので、スタバやドトールなどに比べると少し知名度は低いかもしれないですね。

ベローチェ最大の特徴は価格の安さ!
一番安いホットコーヒーは1杯200円。増税前は190円だったので特に安い印象が強かったです。
都内では店舗数も多いので、ちょっとした休憩に入りやすいです。

二ベロはゲイが多い?

二ベロという言葉は二丁目界隈で遊んでいるゲイの間で生まれました。
二丁目に飲みに行く前の待ち合わせや、まだお酒が飲めない未成年のゲイが憩いの場として使っています。
二丁目から近い。値段が安い。しかもそこそこの席数があり、新宿駅から少し離れているためか席が確保しやすいのも人気のポイントです。

こんな風に書くと二ベロはゲイしかいない怖いお店なのでは? と勘違いされてしまうかもしれませんが、もちろんノンケのお客さんも多いです。
というのも二丁目周辺はオフィス街でもあり、ゲイバーが開く前の時間は多くの会社員が闊歩しています。
打ち合わせをしているサラリーマンや、それから女性のお客さんもよく見かけますよ。

そういえば以前、カミングアウト済の女友達(ノンケ)と2時間くらい滞在したんですが、その子は店内の誰がゲイか全然わからなかったみたいです。
周囲の席で思いっきりホゲ散らかしているゲイがいっぱいいたので即バレでしょと思っていたのに意外と気づかれないものなんですね……。

リニューアルしてますます快適に!

こちらの二ベロですが、2017年のはじめに一時閉店し全面リニューアルしました。
実はローソンはリニューアル後しか行ったことがないのですが、周りの話を聞くと、内装がきれいになっており、パスタなどのメニューが増えたそうです。
(調理機材の関係で店舗によって食事メニューに差があるらしいです)

また、ベローチェ各店ではフリーWiFiの提供を進めており、二ベロでも無料でインターネット接続ができるようになりました!
電源のある席もあるのでスマホを充電したり、パソコンでちょっとした作業をすることも。1杯200円でいたれりつくせりです。

なんてことはないコーヒーチェーンの一店舗ですが、東京・新宿のゲイコミュニティと深いつながりのあるお店。
みんながリラックスできる空間なので、あまり騒ぎすぎないようにコーヒーを楽しみましょう。

カフェ・ベローチェ 新宿一丁目北店

住所〒160-0022
東京都新宿区新宿2-15-22 Landwork新宿ビル1F
電話番号03-3355-9225
営業時間7:00~23:00

その他、詳しい情報は公式サイト(http://chatnoir-company.com/chatnoir/ShopSearch?shop_code=274)をご覧ください。